loding

Topics新着情報

JCEJについて

JCEJは、組織や媒体の枠を超え、 ジャーナリストが「個」として切磋琢磨しあう場です。マスメディアの記者だけでなく、NPOや企業の広報担当者、広告やPRに携わる人々とともに「伝えるスキル」を学びあい、日本のジャーナリストの裾野を広げてレベルを高めることを目指します。具体的なプロジェクトについては、Facebookページをご覧ください。

JCEJのミッション

  • 誰もが情報発信できるソーシャルメディア時代において、発信し、伝え、表現する人々を「ジャーナリスト」をとらえ、必要とされる技術や倫理について、学びあう「場」を提供する。
  • 組織や媒体、立場の違いを越えて、表現や自分自身に正面から向き合い、メディアの可能性も怖さも知り、本気で切磋琢磨できる「場」を提供する。
  • 新たな時代のジャーナリスト教育、メディアリテラシー教育のあり方を実践的に考えていく。

代表からのメッセージ

メディアを創造せよ。Entrepreneurial Journalist という新たなステージへ

メディアを持つだけの時代は終わりました。

ソーシャルメディアの登場で、誰もが情報発信できる時代になりました。伝える主体はマスメディアから個へ、伝えることは目的から手段になろうとしています。社会の問題を解決するため、地域に笑顔を増やすため、新しい商品やサービスを知ってもらうため、たった一人のためにメッセージを届ける…伝えることはあらゆる活動の基盤です。

取材やライティングだけでなく、編集力、ウェブ技術、マーケティングなどの知識やスキルを生かして、伝えるためにメディアを創る「Entrepreneurial Journalist」という考えに立ち、一人ひとりがメディアの担い手として、問題意識を持ち、組織や立場、年齢を越えて共に学ぶ場がJCEJです。

伝えるだけでは終わらない。あなたは、何のために、誰のために伝えますか。

代表運営委員 藤代裕之

Staff運営スタッフ

代表運営委員 藤代裕之
ジャーナリスト

フェロー 河井孝仁
東海大学文学部広報メディア学科教授

運営委員 田中輝美
ローカルジャーナリスト

運営委員 細川一成
WOM Japan Marketing Association Secretary-General

運営委員 赤倉優蔵
報道機関システムエンジニア

運営委員 新志有裕
ネットニュース編集者

運営委員 耳塚佳代
ライター、翻訳家

運営委員 菅原聖司
ネットニュース編集者